着工~完成編

工事着工前に行います。タイミングとしては、新築工事の場合は地鎮祭が終わった直後が良いでしょう。

リフォームの場合は、着工の1週間~前日で行います。

弊社からも、手紙とご挨拶の粗品を持ってご近所を回らせていただきますのでご安心ください。お施主様ご自身の近所挨拶は、ご厚意でしていただいております。地域性もありますので、ご両親やご近所の方、お店の方に相談されるのもいいと思います。もちろん、弊社にもお気軽にご相談ください。

ぜひ、お願いいたします。棟梁や職人さん達もお施主様の顔を見て、直接話する機会があることで頑張れるそうです。ご参考までに…夏はポカリスウェット等の清涼飲料水、かき氷。冬はホットコーヒーやココア、コーンスープ、お味噌汁が喜ばれます。

原則、弊社ではお祝儀はいただいておりません。お気持ちだけで十分でございます。

地祭り(地鎮祭)とは、土地の神様へご挨拶をし、工事の安全を祈る為の儀式です。施工業者や建築主が主体となり、吉日を選び、神職の方を招いて行います。

土地の四方にしめ縄を張り、祭壇を設けます。お供え物をし、祝詞をあげ、お払いをして浄め、お施主様が初めてその土地に、鍬(くわ)や鋤(すき)を入れます。手配や準備は弊社にお任せください。お施主様にご用意していただく物もございますので、詳しくは担当者にお尋ねください。

担当者にご相談いただければ、概ね見学が可能です。

安全面の事がございますので、お施主様のみでのご見学は、ご遠慮いただいております。

棟梁が不在である場合や担当者が同行出来ない場合も、日程変更や、同行者の確保を行い、見たい時に見ていただける様に調整させていただきます。

ご要望のあるお施主様には、「日程の変更や遅延ある」という事をご了承頂いた上で、工程表をお渡ししております。

基礎着工から完成まで、3ヶ月~4ヶ月です。坪数の小さい家やクロスの家は工期が短く、木の家で2世帯という場合は、4ヶ月以上の工期を頂いております。