電話

メール

メニュー

スタッフブログ

STAFF BLOGスタッフブログ

2021/05/18

【ご自宅訪問ブログ vol.5】[後編] 新しい生活様式、家庭内のテレワークにも応じた家づくり

こんにちは。幸三建設の小田美恵子です。

弊社を家づくりのパートナーに選んでくださったお施主さまのお宅を訪ねてお届けする「ご自宅訪問ブログ」vol.5の[後編]です。

 

前編に続き、三回目のタイミングで木の家づくりが叶った施主さまのお話です。

ご夫婦ともにフルタイムで働いていらっしゃって、お二人ともテレワークが多いというお仕事ということは前編で少しお話しましたが、このお宅ではそれに対応して、書斎だけでなく、テレワークできるスペースをもう一か所設け、家のなかでテレワークできる場所を二か所つくりました。

withコロナ時代に入ってテレワークが推奨されても、そういう想定で家をつくっていないと、なかなか自宅で仕事をするのは難しいもの。しかもふたり分となると大変ですね。

私自身はまさかそういう時代が来るとは思っていませんでしたが、皆さまはいかがでしょうか。ご自宅でお仕事をするスタイルは時間のゆとりを生み出すためにも良いスタイルですし、コロナをきっかけに今後、考え直す人も多いかもしれません!お住まいも新しい生活様式に合わせてプランを考えるべき時代に入ったのかもしれませんね。

ちなみに、こちらのお宅はテレワークスペースだけでなく、玄関に入ったところに手洗いを設けました。これは当初の予定にはなかったのですが、長引くコロナの経験を経ての要素です。居住空間に入る前に手を洗う。まさにこれも、新しい生活様式を取り入れた一例でしょう。

また、玄関の近くに自転車三台を置きたいというご希望がありまして、軒を出して自転車を置くスペースを確保しました。ご家族みんなが自転車を使う暮らしというのも、密を避けた?スタイルですし、エコで時代に合っていますね。

もちろん、軒の出が深いのは雨楽な家の特徴の一つ。軒の下なら雨が降っても安心ですし、荷物が少々あっても乗り降りにも便利ですね。

 

つづいて、外回りのお話をしますと、外構もうまくつくれました。ウッドデッキも大きいし庭も広い。小砂利がひいてあるから手入れが楽な庭になっています。敷地を目一杯使ったという感じの広々としたお宅になりました。

外観の白はお施主さまが決められました。石調の張り分けも知的なアクセントになっています。これはパナソニックのショールームに行って、ご夫妻で選んでくださったものです。全体として清潔感があって、落ち着いた雰囲気の洒落た外観になりました。

 

さて、室内はといいますと・・・。お部屋のこだわりとしては、リビングは広く明るく、家事動線がスムーズにいくようにというご要望がありました。リビングからファミリークローゼット(夫婦のクローゼットは二階寝室に併設)、ファミリークローゼットから洗面所、そしてキッチン、リビングへとストレスのない動線にして欲しいということ。すべてキッチから回れるようにして欲しいというのも、奥さまからのリクエストでした。フルタイムでお仕事を持つ奥さまならではの思いですね。

洗面所には部屋干しのできるスペースも確保してあります。また洗面所の横にアイロン台も設置していますから、アイロンをかけてそのままファミリークローゼットに吊るしておくということもできます。お仕事をしていらっしゃるのできっとお洋服も多いから便利なはずです。ちなみに、ファミリークローゼットは着物を収納する棚もあり、結構広くとっています。

 

また写真をご覧いただくとわかると思いますが、木の造作家具が多いのも特徴です。これは幸三建設の得意技で大工がお施主さまのご希望にあわせてオリジナルでつくるもの。お施主さまからは、A4ファイルが入るようにとか、今の手持ちの収納サイズにぴったり合うようにとか、いろいろなリクエストをいただきまして、注文寸法にあわせて、すべて大工がつくりました。このことは施主さまが現場に足を運んでくださり、大工さんと直接よくお話をされたのでより良いものができたのではと思っています。

 

ところで、ご家族の夢は・・・テレワークに使う場所を、将来は家族図書室みたいな感じにして使うこと!と伺っています。日曜日はそこで朝食をのんびりと楽しみたいとか。それぞれ好きな本を読みながら、コーヒーを飲んで、景色を見ていたら、どこにも行かなくてもいいなあということで・・・。本棚もいっぱいありますし、窓からの眺めもいいですし。おうち時間が大好きになる、ゆったりとした豊かな暮らしになりそうですね。 

建具は無垢のウッドワンのものを使っています。真壁ではあまり使わない建具なのですが、うまく組み合わせることで和の中に洋風を取り入れて、モダンな雰囲気を生み出していると思います。

ヒノキやスギなどの国産材を使い、漆喰壁や土間のある職人の技が際立つ雨楽な家。その良さとお施主さまのこだわりがたっぷりと詰まった家で、ご家族の新しい暮らしがこれから始まります!

17年前に出会った木の家の良さを、これからはずーっと、我が家として、ゆっくりと味わい慈しんでいただければとこころから願っています。

 

catalog請求

catalog請求

クリック